これからの投資戦略

現役の金融マンがご紹介します。 eniaroyah.com

14 6月

東京五輪の経済波及効果

Posted in 未分類 on 14.06.14

korekaratoushi

東京都は3兆円と見積もったが、森記念財団都市戦略研究所では1月に約20兆円という予測を発表した。そもそも五輪の効果は3つに分けられる。

まず競技場の立て直しなど直接的なインフラ投資を指す「ハードパワー効果」だ。

2つ目は「ソフトパワー効果」。財団が6年前から発表している「世界の都市総合力ランキング」では、ロンドンが12年にはニューヨークを拔いて1位になった。五輪準備を通じて都市としての質や機能が向上したからだ。

最後は「セーブフェース(面子を守る)効果」だ。これは「外国人に見られて恥ずかしい部分はこの際何とかしましょう」という動機付けを指す。

1950~2006年までの開催地を調べた米国の研究者らによると、開催前後に貿易額が3割も増えているという。

開催決定を受けて、規制緩和などの改革が一気に進むからだ。

例を挙げると羽田空港の国際化だろう。

ロンドンとパリから就航している都市数はそれぞれ351,255あるが、東京は成田・羽田合わせても88にすぎない(13年8月時点)。経済財政諮問会議で取り上げた10年前にも「今さらなぜ羽田を国際化するのだ」と反対があった。

両空港の経緯は理解しているが、大都市近郊の国際空港は世界の趨勢といえる。

「この際五輪だから」と国全体の利益を優先して議論をしなければならない。

No Comments »

Comments are closed.