これからの投資戦略

現役の金融マンがご紹介します。 eniaroyah.com

14 6月

2020年以降の日本

Posted in 未分類 on 14.06.14

korekaratoushi

今年1月のダボス会議における安倍首相の発言はヒントになる。「岩盤規制の緩和」「外国人労働者を受け入れて女性の就労を支援」「法人税引き下げ」「年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の改革」という4点は特に重要だ。

海外投資家は4つ目を注視している。120兆円を運用するGPIFは主に国債を買っているだけ。担当者も70人しかいない。一方で、シンガポールやノルウェーでは30兆円の規模ながら、投資のプロ1000人が運用している。仮に1兆円が株式やインフラに回るだけでも意味がある。

4つの公約が実現されるかどうかは、今夏の内閣改造が鍵を握る。

総理と菅義偉官房長官は「パッショネイトリホーマー(情熱的な改革者)」だが、官僚が付いて来られていない。2人を支える大臣がどれだけ出てくるかを見守りたい。

2020年に向けた経済成長へのポイント

1.東京五輪の波及効果の最大化
2.医療や雇用、農業といった「岩盤規制」の緩和
3.社会保障制度の改革を伴う財政再建
4.優れた個人に活躍の機会を与えて、未知の産業を創出
5.GPIFの一部資産を日本の成長につながる投資へ

No Comments »

Comments are closed.