これからの投資戦略

現役の金融マンがご紹介します。 eniaroyah.com

15 7月

2020年の世界

Posted in 未分類 on 15.07.14

korekaratoushi

2020年までの世界経済を考えるとき、新興国は米国のテーパリングが続く間は厳しい。

それでも若年人口の多いインドは中国ほどではないにしても、そこそこの成長を続け、20年までには経済規模で日本を抜くだろう。

中国は目先の課題が山積みしている。この先、大きな調整局面があるかもしれないが、ベースとなる経済成長率は依然高い。国際化を着々と進める人民元もさらに高くなってしかるべきだ。

投資期間が6年ではあまり勧められないが、10年持っていられるなら、この先、経済が混乱したときこそ投資のチャンスと考えることもできる。

<2020年の世界>

ドルの相対的地位低下と新興国の成長が先を読む鍵

1.欧州 : 火種は残るが最悪期は脱出した。米国の地位低下で消去法的にユーロが高くなる可能性あり。

2.ロシア : 人口減、資源依存経済を考えると悲観的。経済成長は資源価格次第。

3.米国 : ドル高に向かうが新興国台頭で経済的地位は相対的に低下。2020年ごろピークアウトか?

4.インド : 中国ほどではないが、そこそこ成長。20年頃までにGDPで日本を抜く。

5.中国 : 7%成長を2020年まで続けるのは難しいが、ドルの地位低下で人民元は高くなる。経済的混乱はあるだろうが成長は続く。

6.ブラジル : ロシアよりましだが資源依存構造は同じ。もし、投機的な資源価格の高騰が起きれば買い。

No Comments »

Comments are closed.